オンライン占い・カウンセリングQnoir

ユーザー利用規約

第1条 本規約の適用

1. オンライン鑑定サービス「オンライン占い・カウンセリング Qnoir」(以下「本サービス」といいます。)は、鑑定師によるオンラインビデオツールを利用した鑑定を提供するサービスです。

2. このユーザー利用規約(以下「本規約」といいます。)は、本サービスの利用条件として、株式会社Qnoir(以下「当社」といいます。)と、本サービスを利用するお客様(以下「ユーザー」といいます。)との間の本サービスに関する全ての関係に適用されます。

3. ユーザーは、本規約の内容を十分に理解した上で、これに同意して本サービスを利用しなければならないものとし、本サービスを実際に利用することによって、本規約に同意をしたものとみなされます。

第2条 ご利用資格

1. 本サービスの利用にあたり、利用希望者(以下「利用希望者」といいます。)は、以下のユーザー登録手続きに従って登録の申込を行う必要があります。

  • 本規約を読み、その内容を理解し、その内容の下に利用することを承諾した上で、当社が指定する手続きにより、ユーザー登録の申込を行うこと。
  • ユーザー登録の申込は、利用希望者が成人の場合に限るものとし、未成年者を利用希望者とする申込みはできないこと。
  • 当社が定める決済方法により、鑑定料金を支払うことに同意すること。
  • 氏名、生年月日、電話番号、メールアドレスなど本サービスに必要とする個人に関する情報(以下「登録情報」といいます。)を当社へ提供すること。
    なお、当社は登録情報を、当社のプライバシーポリシーに従って取り扱います。

2. ユーザー登録手続きは、前項の申込に対する当社の承諾を持って完了するものとします。 但し、利用希望者が下記に定める事由の何れかに該当することが判明した場合、当社の判断で、前項の申込を承諾しないことがあります。

  • 当社の定める方法によらずユーザー登録の申込を行った場合
  • 利用希望者が未成年者である場合
  • 提供した登録情報が虚偽、不正確または不完全である場合
  • 利用希望者がすでにユーザー登録されている場合(重複登録)
  • 本サービスを正当に利用する意思あるいは目的がないと認められる場合
  • 暴力団をはじめとする反社会的勢力等である場合、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っている場合
  • 過去に本規約違反等により、本サービスのユーザーたる地位(以下「ユーザー資格」といいます。)の停止処分中である、または過去に本規約違反等でユーザー資格の抹消が行われている場合
  • 本規約あるいは法令等の定めに違反する場合
  • その他前各号に準じる合理的理由により、ユーザー登録または本サービスを利用することが不適切と当社が判断した場合

3. 当社は、ユーザーに本サービスを現在および将来にわたって利用する権利を付与するものではなく、当社の判断により本サービスを終了する場合があります。

4. ユーザーは、第三者に対し、本サービスの利用の許諾、ユーザー資格の譲渡、貸与、相続、契約上の地位の承継等により本サービスを利用させることはできません。

第3条 ご利用上の注意

1. 今後のサービス向上のため、本サービス提供中の映像、会話は記録させて頂いております。

2. 下記に該当する方は、サービス提供をお断りしますのであらかじめご了承ください。

  • オンラインビデオで鑑定することが困難な状態である場合(但し、当社および鑑定師が承諾する場合、ユーザー側が映像を表示せずに鑑定を行うことは可能です。)
  • 法令、または公序良俗に違反する相談鑑定および行為
  • 人の生死にかかわること、病気の診断、法律相談等の専門知識が必要なこと、投資やギャンブル、試験の合否、紛失物や人物の捜索などの相談
  • 鑑定師の勧誘、連絡先の交換、情報収集などの相談鑑定および行為
なお、電話占い・鑑定会社の関係者が一般客になりすまし、当社の鑑定師をスカウトした事実が判明した場合、会員登録の抹消の他、損害賠償等を含めた必要な措置を取らせて頂きます。

第4条 鑑定料金

1. ユーザーは、鑑定師に対し、別途当社が鑑定師ごとに定める単価(最初の20分及び延長10分毎)に鑑定時間(単位時間に満たない時間は切り上げとします。)を乗じた金額の鑑定の対価(以下「鑑定料金」といいます。)を支払うものとします。

  • 例)最初の20分5000円、延長10分毎2000円の場合
    鑑定時間15分の場合5000円、25分の場合7000円、39分の場合9000円
  • 鑑定時間の把握はすべてユーザーの自己責任とし、理由の如何を問わず、鑑定に要した時間に応じてお支払いいただくものとします。

2. ユーザーは、本サービスを利用するために必要なスマートフォン、タブレット、コンピュータ等の端末およびインターネット等の通信環境は自らの責任において準備および設定するものとし、通信に関する費用はユーザーの負担とします。

3. 本サービスの鑑定料金の支払いは、第5条に定めるQポイントによるものとします。原則として、ユーザーが当社に対し支払った鑑定料金は返還されないものとしますが、返還を行う場合は、Qポイントによるものとします。

第5条 料金支払/Qポイントについて

1. ユーザーは、Qポイントを1ポイント1円として、本サービスの鑑定料金の支払に利用することができます。

2. ユーザーは、当社所定の条件に従い、Qポイントを購入できるものとし、Qポイントの購入に際し、当社が別に定める対価を支払うものとします。

3. Qポイントは、その利用により、ユーザーの保有するQポイントの内、有効期限が短いものから優先的に消費されるものとします。

4. Qポイントは、保有するユーザー本人のみが利用することができるものとし、ユーザーは、第三者に対する譲渡、贈与、貸付、換金、担保設定その他の処分を行ってはならないものとします。

5. Qポイントの有効期限は、ユーザーがQポイントを取得した日から3ヶ月間とし、有効期限を経過したQポイントは自動的に失効します。

6. 当社は、次に掲げる場合には、ユーザーの保有するQポイントを失効させることができるものとします。

  • ユーザーが退会した場合
  • ユーザー資格を抹消する場合
  • 本サービスの提供を終了する場合
  • その他当社が合理的に必要と認める場合

7. 当社は、本規約において別段の定めのない限り、利用または消滅したQポイントを返還または再発行しません。また、購入されたQポイントの払戻しは行いません。

8. 本サービスについて請求書、領収書の発行はしておりません。

9. Qポイント購入の対価の支払いは、銀行振込とクレジットカード払いとなっております。限度額の設定などの規定がある場合には、それらに従うものとします。会員と当該クレジットカード会社、収納代行会社、金融機関などの間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし当社には一切責任がないものとします。

第6条 通知・メール配信

1. 本サービスに関連して何らかの通知をユーザーに対して行う場合、登録された電子メールアドレスへのメール送信(メール内おいて記載されるハイパーリンク等により参照されるインターネットを通じて告知される場合も含みます。)にまたはウェブサイト上に告知することにより、ユーザーの閲覧の有無に関わらず、当該メールの送信時またはユーザーがウェブサイトにおける告知を閲覧可能となった時点で各ユーザーに対して通知を行ったものとみなすことができるものとします。

2. ご登録頂いたメールアドレスは、利用明細、鑑定時のご案内、メールマガジンの配信または前項の通知に係るメールを配信する目的で使用致します。

3. 以下の場合、前項のメールを正常に受信いただけない場合があります。

  • ユーザーの携帯電話が電波の届かない場所、もしくは電源が入っていない状態の場合
  • 迷惑メール対策機能をご利用されている場合
  • その他、ユーザーのメールアドレスの設定の都合等

4. ユーザーがメールの配信の停止を希望する場合、第1項のメールを除き、本サービス事務局に連絡する事で自由に配信設定を変更できるものとします。

第7条 ユーザーの義務事項

1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、下記の義務を負うものとします。

  • ユーザーの端末、アカウントおよび登録の管理について一切の責任を負うものとします。
  • ユーザーの端末、アカウントまたは登録情報の盗用、使用上の過誤、第三者による使用等によって、ユーザーが被る被害については、当社は一切責任を負いません。
  • 本サービスを利用の際、第三者に対して損害を与えた場合、ユーザーは自己の責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えないこととします。
  • 登録情報を真実、正確、完全かつ最新のものに保つものとし、登録情報に変更があった場合、すみやかに当社が本サービスサイト上で定める手続きに従って通知するものとします。

2. ユーザーは、下記の事項を遵守するものとします。

  • 本サービスを利用するために必要なスマートフォン、タブレット、コンピュータ等の端末およびインターネット等の通信環境その他の設備は、ユーザーの責任で準備および設定するものとし、通信費、その他本サービスを利用する上で必要となる一切の費用は、ユーザーが負担するものとします。
  • 本サービスの利用および本サービスを利用して行ったすべての行為について、一切の責任を負うものとします。
  • ユーザー番号、暗証番号その他のユーザーのアカウント情報を自己責任において管理するものとします。
  • ユーザーのアカウントを使用した本サービスの利用(Qポイントの利用を含みますがこれに限られません。)があった場合、当社は、当該利用について、当該アカウントに係る登録情報により特定されるユーザーが本サービスを利用したものとみなすことができます。アカウントの不正使用によって発生した損失や損害について、当社では一切責任を負いません。

3. 万一、自分のユーザー番号、暗証番号その他のユーザー情報が他人に利用されたもしくは第三者に漏洩してしまった場合には速やかに当社にご連絡ください。

第8条 禁止事項

1. ユーザーは本サービスを利用するにあたり、以下に挙げる行為を行わないものとします。

  • 鑑定師を誹謗・中傷する行為、鑑定師に対する卑猥な発言や画像を送信すること。
  • 鑑定師に対するストーキング行為、またはその他の身体、生命、自由、名誉、財産等に対して害悪を加える行為。
  • 本サービスを利用せずに鑑定師に鑑定を依頼(その誘引することおよびこれに応じることを含みます。以下同じ。)する行為、SNSを含む全ての連絡先交換/直接連絡、および連絡先交換を模索する行為。
  • 鑑定師への物品セールスなど、営利目的の情報提供活動および営業活動。
  • 鑑定師を宗教、思想、政治活動等、あるいは特定の団体に勧誘する行為。
  • 鑑定師のプライバシー権、肖像権、またはその他一切の権利を侵害する行為。
  • 当社、鑑定師、または本サービスサイトの信用もしくは名誉を毀損する行為。
  • 当社の設備に不正にアクセスしたり、本サービスに関する情報を改ざんや消去したり、コンピュータウイルス等の有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはその恐れのある行為。
  • 犯罪行為に結びつく、あるいは助長する行為。
  • 他人を故意に陥れる、またはプライバシー侵害にあたる依頼。
  • 本サービスの運営や提供、または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害する行為、もしくはそれらに支障をきたす行為。
  • ユーザー資格またはアカウントの第三者への販売、譲渡、貸与、使用許諾等の行為。
  • 法令、公序良俗または本規約に違反する行為。
  • 重複ユーザー登録をする行為。
  • ユーザー自身をサービス外で特定出来る情報を公開する行為。
  • 鑑定師の評価を意図的に操作する、またはそのおそれのある行為。
  • 鑑定師の鑑定内容の録音、録画、LIVE中継その他方法または媒体問わずユーザー本人以外の第三者に鑑定内容を知らしめる行為。
  • 不正な目的または営利目的での本サービスの利用。
  • その他当社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為。

2. 前項の規定に違反し、鑑定師に対し、本サービスを利用せずに鑑定の依頼をした場合、連絡先の交換、直接連絡または連絡先交換を模索する行為を行った場合、ユーザーは、当社に対し、当該行為がなければ当社に支払われていた手数料の[2]倍の金額([20]万円に満たない場合には、[20]万円)を違約罰として支払うものとします。なお、当社に損害が生じている場合には、当社は、ユーザーに対し、別途損害賠償請求を行うことができるものとします。

第9条 退会について

1. ユーザーが退会を希望する場合、当社事務局までメールにて届け出る事とします。処理に際し費用が発生する事はなく、当社はユーザーからの届け出受理より5営業日以内に退会処理を行うものとし、退会処理をもって、ユーザー資格は消滅するものとします。

2. 退会を届け出たユーザーの退会処理により削除された登録情報に関して、当社は一切の復旧義務を負わないものとします。初回サービス乱用防止の為、登録情報については一定期間保有するものとします。

3. 退会処理時の残存するQポイントは処理時に全て無効となり、当該ポイントはいかなる場合でも返金および換金は出来ないものとします。

4. 第1項の規定にかかわらず、支払いが済んでない料金がある場合、当該未払料金が精算されるまで当社は退会届出を受理および処理しないことができるものとします。

5. ユーザーが規約に違反した場合、当社は当該ユーザーへの事前承諾および通知なく、ユーザー資格を抹消する事ができるものとし、第2項及び第3項の規定を準用します。

第10条 サービスの中断、終了

1. 当社は下記の何れかの事由に該当する場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの一部もしくは全部を一時中断、または終了することができるものとします。

  • 本サービスの提供のための装置、システムの保守点検、更新を定期的にまたは緊急に行う場合
  • 火災、停電、地震、感染症の流行、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合
  • 第一種電気通信事業者の役務が提供されない場合
  • その他、運用上あるいは技術上当社が本サービスの一時中断、もしくは停止が必要であるか、または不測の事態により当社が本サービスの提供が困難と判断した場合

2. 当社は、理由の如何にかかわらず、[20]日前までにユーザーに通知することにより、任意に本サービスを一時中断または終了することができるもとします。

第11条 免責

1. 当社は、本サービスを利用した鑑定結果の完全性、正確性、信頼性、特定目的への適合性、有用性、実現性等について、ユーザーに対し、いかなる保証をするものではなく、鑑定内容、結果等について、一切責任を負うものではありません。

2. ユーザーおよび鑑定師間において生じた紛争およびトラブルについて、当社は一切責任を負わないものとします。ユーザーは、当社に対し一切の請求をしないことに異議なく承諾するものとします。

3. ユーザーは、本サービスの利用に関連し、ユーザーもしくは鑑定師その他の第三者に対し損害を与えた場合または当該第三者と紛争が生じた場合、当社の責めに帰すべき事由による場合を除き、自己の責任と費用においてかかる損害を賠償または紛争を解決するものとし、当社には一切の迷惑や損害を与えないものとします。

4. 当社は、本サービスが適切に利用できるよう努力する義務のみ負うものとし、直接的であるか間接的であるかを問わず、本サービスの利用または一時中断若しくは終了に関連してユーザーに生じた一切の損害について、いかなる損害責任もユーザーに対して負担しないものとします。

5. 当社は、損害賠償責任を負う場合、予見可能性の有無に関わらず、当社の責めに帰すべき事由(故意または重大な過失を除きます。)によりユーザーまたは第三者に生じた損害のうち、直接かつ現実に生じた通常の損害に限り責任を負うものとします。

6. 当社は、鑑定の内容をチェックまたは保存する義務を負わないものとします。

7. 当社は、端末、通信環境その他の設備および備品の不備等による本サービスの利用障害について、一切の責任を負わないものとします。

第12条 本規約の改訂

1. 当社は、本規約を改定する場合、その効力発生日の14日前までに、改定の内容および効力発生日を明示してユーザーに対して通知することによって、ユーザーの事前の個別の承諾を得ることなく、当該効力発生日をもって、本規約の内容を改定することができます。

2. ユーザーが、本規約の改定後、本規約の改定内容について通知を受けたこと等により認識し得る状態で本サービスを利用した場合、前項の定めにかかわらず、ユーザーは、その時点で改定後の本規約に異議なく承諾したものとみなされます。

第13条 合意管轄裁判所

本規約に関して紛争が発生した場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

モニターに関する特則

第1条 目的

1. このモニターに関する特則(以下「本特則」といいます。)は、当社が、ユーザーと鑑定師の鑑定内容を録音録画し、当該録音録画内容(以下「本録画物」といいます。)を本サービスの広告宣伝、広報等のためにウェブサイト、動画共有サイトにおける公開その他の利用することをユーザーが承諾した場合に、本サービスの利用に関して当該ユーザー(以下「モニター」といいます。)と当社の間で適用される条件を定めるものです。

2. 本サービスの利用に関するモニターと当社との間で生ずるすべての関係について、本規約に優先して本特則が適用されます。

第2条 鑑定の公開等の承諾

1. モニターは、当社に対し、次に掲げる事項について承諾するものとします。

  • モニターと鑑定師との鑑定内容を録音録画すること

  • 本録画物をモニターの事前確認を要することなく、編集、改変および加工すること
  • 本録画物(編集、改変または加工したものを含みます。以下同じ。)を、本サービスの広告宣伝、広報等のため、ウェブサイト、YouTube等の動画共有サイト、Facebook、Instagram、Twitter等のソーシャルネットワーキングサービス等における掲載、投稿および公開その他利用方法および媒体を問わず(雑誌、地上波コマーシャル、有線放送、ラジオ、今後開発される媒体を含みますがこれに限られません。)、期間の制限なく、全世界において、本録画物を独占的に利用すること
  • 本録画物に含まれるモニターの著作物、営業秘密等(もしあれば)に係る著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)その他の一切の権利を当社に譲渡すること
  • 当社による本録画物の利用に関し、著作者人格権、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権その他一切の人格権を行使しないこと

2. 前項の対価は、本特則第4条に定める鑑定料金の免除がすべてであり、当社は、本特則に定めるもののほかは、モニターに対し、対価、補償その他名目を問わず、何らの金員を支払わないものとします。

第3条 鑑定の録音録画

前条に基づき録音録画を行う鑑定(以下「対象鑑定」といいます。)の実施日等の詳細については、モニターおよび当社が協議の上、別途定めるものとします。

第4条 鑑定料金の免除

当社は、モニターが本特則に定める全ての内容を遵守することを条件として、対象鑑定に係る本規約第4条に定める鑑定料金の支払を免除するものとします。なお、当社がモニターの鑑定料金の支払を免除するのは、対象鑑定に係る債務のみであり、それ以外の鑑定に係る鑑定料金については、モニターが自らの責任と費用により支払わなければならないものとします。